FC2ブログ

7月26日のレッスン。夏休みは大変

世のお母様がた、夏休みがやってまいりましたわね。

給食のありがたさが骨身にしみる季節であります。
といっても、我が家は給食からは卒業してしまい、普段から毎日弁当持たせてたんだから同じよね。
同じはずなの。

だけどー!

やっぱりお昼を作っておいていくって、ものすっごくめんどくさいよ。どうしてだろうねー。


夏休みはやっぱり嫌いですわ。はい。
早く終われー。



レッスンである。

悲しいことに、いっぱい練習したはずなのに、ぜーんぜん進歩がないのである。

ツェルニーさん。
左手が弱すぎる。
力んでもだめ。響きのあるフォルテが出せない。

先生お手製の指の力トレーニングツールが登場、次から教室に来たら、前の子のレッスン待ちのあいだ、そのツールで指強化しましょうね、と。

自作もできるから作ろうかな。
材料、100均で買ってこよう。

ある程度指が動くようになってきたから、音色と音楽の流れをだせるように。

バッハさん。
あまり時間がないので、プレリュードだけちょっとだけ。
ペダルをどうするか?ということに悩む。

先生はこれが正解というものはないので、センスというか好みだから好きにしていい、って言うんです~~(><)
そんなの無理です~~~(><)

入れるとしたら、の、いくつかのパターンを教えてもらって、あとは自分で研究すること。

バッハらしいっていうか、バロックのストイックな感じが好きなんで、あまりペダルを多用するのは好みじゃないけど、まったく入らないのも華がないってか、シンプルすぎる感じもする。
どの部分にどのくらいの深さのペダルをいれるか!?

最終的には耳でできるようにならないとだめなんだけどさ。考えてつけるもんじゃないよね。

うちのピアノのペダルの踏み具合とダンパーの動きを見ながら、どの程度踏むとこのくらいの響きっていうのをわかってた方がいいですよ、って。
うちのグランド、猫の毛が入らないように譜面台の下の部分にカバーを乗せてあるので、それを外さないとダンパーの動きは見えないから、一時的にはずしてみるかぁ。猫毛入るけど…。


プロコさん。

やっぱ難しいのぉ~~~!!!

レッスンであまりにいっぱいいろんなことを言われたので、ここでまとめるのは難しいっす。
でも、ようするに、私には、センスがたりないのぉぉぉぉ~。
泣くわ、もう、泣いちゃうね。毎週言ってるね。でも泣いちゃうよ。

少しずつ、形にはなってきたと思います。
流す練習じゃなくて、部分部分にこだわって、一つ一つのパーツを丹念に仕上げる気持ちでとりくみましょう。


来週はお休みなので、ブログ更新もお休み。

腱鞘炎にならないように気をつけて、練習します-。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2013/07/28 】 piano lesson♪(古いもの) | TB(-) | CM(4)

7月19日のレッスン。美容院いってさっぱり♪

2ヶ月半ぶりに美容院いってカットしてもらってきたー。
さっぱり~~。

本当はカラーリングもしたかったけど、今月はお小遣いピンチなのでカットだけ。

で、初めて「自動シャンプー」なるものに遭遇した。
いつもの美容院、あらたに導入したらしい。

これがまた。
水圧で洗ってくれるようなんだけど(顔にはガーゼがかけられるから見えない)首もとから襟足にかかると

超くすぐったい!!!

5分間やるんだけど、これはなんの拷問ですか(笑)

オリバーに拉致されてエリーゼに無理やり契約させられた千秋様の気持ちがわかったよ…。(古いか)

首もとにくるたびに「ひゃぁぁぁぁ~~」
くすぐったくて腹筋ぷるぷる。背筋ぞわぞわ。


で、帰宅して練習して、夕方レッスンなんだけど。

何を勘違いしたのか、6時からのレッスンなのに、4時50分に「あ、行かなきゃ!」って家を出てもうた。
(教室までは車で7,8分)
ちょっと走ったところで「え!6時からやーん!」って気づいた。

なにをボケ倒してんねん。まったく。
しかたないから帰宅。改めて5時50分に家を出たわよ。こっぱずかしかったわ。なんとなく。




レッスン。

えーと。
先週はバッハみてもらったから今日はツェルニーだな。
プロコ以外は隔週で交代してレッスンしてもらおうかな、と。

ツェルニーさん。
短い曲だし~。譜読みも楽だったんだけど~。
なーんか難しいよ。

リズム練習を厳命されましたとさ。

なかなか基礎部分から先に進めませんのよ~。とほほ。


プーローコー。
だいぶ覚えては来たよ。いろいろ足下をすくわれまくってるけどね。

今日はしょっぱな第一主題の右と左のポリリズムに引っかかりましたの巻。

いーまーさーらー。
泣くね。もう、わし泣いちゃう。

ソルフェージュと膝打ちでリズムの縦をそろえられるように。
でも、それやり過ぎちゃうと今度は音楽的にならなくなるんで、その辺はほどほどにね。

あと、バッハで死ぬほどやった3声の練習ね。
アルトの右と左に渡る部分とか、きれいにひとつの旋律になるように、っていつものアレよ。
パートを歌いながらとかね。

あと3ヶ月しかないんだよぉ!?

がんばるわよ。ええ、もう。

寸暇を惜しんで練習するわ。
いろいろ忙しいけど、時間のやりくりがんばりまーす。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
【 2013/07/19 】 piano lesson♪(古いもの) | TB(-) | CM(4)

7月12日のレッスン。もういっぱいいっぱいなんです。

先週も書いたけど、

もういろいろといっぱいいっぱいなんです~~~。(泣)

プロコも早くなんとかしなくちゃって焦るし、
そのほかもほぼ新曲、譜読みばっかりだし。

練習辛いよー(><)


例年なら、発表会本番の1カ月くらい前に、発表会曲以外の曲はパスしてそれに専念する体制に入るんですが、
まだ4カ月先なのに、もうやばいかもしれない。

なので、プロコ以外の曲は、ある程度進んだなって思ったらレッスンしてもらうことにして、基本プロコに専念することにしますのよ。



てなことで、れっすーん。

ツェルニーさん。
ぱす!

バッハさん。
フーガ、とりあえず音の間違いがないか確認。練習の進め方の確認。
プレリュード、ブレスのとり方、音楽のまとまりのとらえ方について。

プロコさん。
タッチについて。
ロマン派みたいなタッチじゃ駄目なのさ。
ピアノの打楽器の部分をもっと強調したタッチで。
指鍛えなくちゃならん。

弾けないところは走りがち。
音の響きを最後まで聞く気持ちと、次の小節に入る時の、「さあ、つぎよ」って気持ち(←意味わかる?わっかんないよね^^;)が大切。

なにより!
「難しいな、弾けるのかな??」って気持ちで負けてる!

負けましぇん。弾けるんだよ、私は。
絶対に負けない!
先生に、「棒読みでもいいから、弾けますよ、大丈夫って言ってください」って頼んだ。
先生も、笑いながら「大丈夫弾けます。こんなの簡単よー!」ってノッてくれたんで。

あたしゃ弾けるんだ。うぉぉぉ。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
【 2013/07/14 】 piano lesson♪(古いもの) | TB(-) | CM(5)
プロフィール

たまこ

Author:たまこ
40を過ぎて、バイエルから習い始めて8年。
現在、ツェルニー40番、平均律などを練習中。
あまりに楽しくてグランドピアノまで買ってしまったお調子者。

どうぞよろしく♪

☆現在練習中の曲☆
ツェルニー40番の28番
バッハ平均律1巻 5番プレリュード&フーガ
ブラームス 間奏曲イ長調 op.118-1

次の譜読み
メンデルスゾーン、ロンドカプリチオーソ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

カウンター