FC2ブログ

5月25日のレッスン記録。さわやかな季節到来。

前からちょこちょこ書いておりますが、最近庭仕事に目覚めまして、
週末になると狭い庭ですが、ダンナと二人でいろいろ掘り返したり植えたりしております。

植物はサボテンすら枯らす園芸には最強に向いてない人間ですが、ついに汚名返上なるか。
また無駄に掘り返したことにならなきゃいーな。

とりあえず、初心者向けだというナスとピーマンを植えてみました。
グリーンカーテン用のゴーヤも順調に背丈を伸ばしてます。

えへ♪
ちょっと楽しいゾ♪

しかぁし、紫外線が怖い。
もともと真っ赤になってひりひりして、黒くならない性質。
一番タチが悪いのね。
年も年だし、シミソバカスも蓄積してますので、せめてこれ以上は増やしたくない。
日焼け止めクリームの消費量がハンパねー。





レッスン記録なのである。
うむ。無駄話が長い。いつものことだけど。



ツェルニー40番の12番。

ハノンのアルペジオで、もーのすっごく苦労したんで、正直びびりまくり。
やっぱりね~、ちょっとテンポ上げると、4から1の指くぐりとか、音の粒が全然そろわない。
難しいわぁ。

自分では、
とにかく指番号を間違えない!音を外さない!
フレーズのまとまり感を出す!
全体の強弱を意識する!

というところまでは行けるようにしていったつもりでしたが。

やっぱ音外す~(泣)
指間違える~(泣泣)
ドカドカドカドカしてる~。全然なめらか感が出ない~(号泣)

苦手な部分は、和音で手を鍵盤においてみて違和感のないポジションでアルペジオが弾けるように
ゆっくり分解して練習すること。
あせらないように、呼吸と間の取り方を。


うむむ。来週まであとひと頑張り。



シンフォニア2番。

これも、なんとか音は覚えてきたけれど、弾けないところはいつまでたっても弾けない。
この1週間で全然進歩出来てる気がしないし、一体どうしたら弾けるようになるのか、
いや、もはや弾けるようになる気がしない、鬱々とした気分でありました。

で、半分泣きごとを言いつつ…。一回通した。

先生:「大丈夫、ここまで来たんだから次の段階に入れるんですよ。では、弾けないと思うところをすこしづつ見ていきましょう」と。

だいたいの全体像を把握して、弾きにくいところ、わかりにくいところが見えてきたから次の段階、という先生の言葉に励まされ、地味地味な練習方法を教えてもらいました。

IMG_20120526_203936 2

たとえば赤字の1の部分。
左手が16分音符で動くんだけど、1の指に持っていくタイミングがいまいちいまいち確実に出来てない。
まず、1の指への指くぐりを片手練習で100回繰り返すつもりで確実にする。
その次に左を弾きながら、右手をシャドウピアノで。
左手のリズムに合わせて、右がちゃんと動くか意識する。
(こうして書くとめっちゃ簡単そうに思えるんだけど、やってみると実に難しいのであります。え?私だけ?)

2の部分も転調してて、いまいちフラットとナチュラルが体に入ってない。
なので、ここでも100回繰り返す位の気持ちで、左手を確実にする。
そして右のシャドウで確実に左手のメロディラインの上に右手のリズムが乗せられるか。
それが出来て、両手を鍵盤上で合わせてみる。

うーん、単純なことだよなぁ…。
なんでこんなことが出来ないんだ?って自分でも思うんだけどさ~。


こんな風に、弾けない、弾きにくいと思う部分を着実に、地味にやっつけていく作業をして、
指が回るようになったら、次に音楽的にする練習の段階へ。

でもまあ、これが一番の近道なんだと思いますよっと。頑張りますよっと。



モーツァルト。ソナタk280

一回目のレッスン。

正直、見た目のシンプルさに騙されたね。めっちゃ難しいやんけっ!!!
提示部の譜読みで精一杯ですがな。
はあ、これもやはり弾きにくい部分を抜き出して、丹念に手に覚えさせる。

細かいトリルとか、結構出てくるんですが。
トリル苦手だ~。

とにかく先を急がないこと。焦らないこと。
提示部がなんとかなれば、あとは短い展開部で、再現部は転調するだけだしなんとかなる!
次までにはなんとか最後まで譜読み進めたいな~。




だんだんあったかくなってきて、近所のお宅も窓を開けてることが多いらしく、いつもより子供たちのピアノ練習の音が聞こえてくるようになりました。
まだ小さいのにクーラウのソナチネ弾いてる子や、ブルグ25のアラベスクをテンポ上げて弾く練習してる子やら。
みんながんばれ~^^

と、自分の練習の音漏れが気になり始める季節でもありまする。
こうしてよその音が聞こえてるんだから、自分もそんなに気にしすぎる必要はないと思うのですが、
やっぱりねぇ…。まあ、音大きいし…。
しつこい反復練習もするし…。
私的にはつらい季節でもあります^^;

サイレント中心の練習はやっぱつまんない。
防音室がほしいよ~!!!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2012/05/27 】 piano lesson♪(古いもの) | TB(-) | CM(0)

5月18日のレッスン記録。雹こわい~。

なんか不安定なお天気が続きますねー。

地球大丈夫かね?


雹が降ると、車がぼこぼこにされそうで怖いっす。

昔、買ったばっかりの車が雹ですごいことになっちゃった経験があるもんで、超怖い。
直すのにすごいお金かかったんだもん。




あー。
昨日と一昨日と、練習まじめにやりませんでした。


練習したい気持ちはあるんだけど、忙しさとかいろんなものが押し寄せてきて、練習がどんどん後回しになってた。
いかんいかん。

ま、生きてりゃいろんなことがあるっちゅーことさ。
面白くないことやら~、腹の立つことやら~、ねがてぃぶしんきんぐに襲われても~。

飲んで寝て忘れる!

よし!!





今日のレッスン。

ツェルニー40番の12番。
1回目のレッスン。

なにをかくそう、指番号を守るのが何より苦手な私。
このアルペジオの指くぐりを体に叩き込むのがめっちゃ大変なんですけどー!

とにかく自分の今週の目標は、「指番号を外さない」だったんですが、
やっぱ怪しいわ。

さぼったツケだよね~。

大汗カイチャッタヨ(;^ω^)

そこらへんはもっと練習を積むということで、
さらにその上に、メロディの上昇下降にあわせたまとまりの作り方と音の粒に注意してくることが次までの課題です。

まあ、あのハノンのアルペジオよりは気が楽だな。
うん。



シンフォニア2番。
まあ、全然弾けないのは当然なのでございますが。
わりと2声になる部分が多い曲ではありますので、一応最後まで両手合わせていった。
音の間違いとか、伸ばすところとか、トリルの入れ方とかの確認のみ。


引き続き、スムーズに指が回るまでがんばる。

そしてある程度弾けるようになってきたら、横の流れを意識できるように各声部ごとにばらして理解を進めること。




ポロネーズ1番。
今日のレッスンで、いったんお休みに入る予定。
ですがー。


今日のポイント~。
☆ 指番号を守る!
  だって同じ和音でも押さえる指が変わると音色も粒も全然変わるんだもん。
  やっぱ、指番号にはちゃんと理由があります。

☆ ペダルの入れ方、離し方。
  パデレフスキ版にはあまりペダルの記号が入ってません。
  自己流になってるペダルを少し修正。離しどころが難しいね。

☆ フレーズの繋がり、まとまりを意識。
  どの部分でもそうですが、声に出して歌うように、まとまりのあるフレーズ作りを。

☆ オペラ歌手になったつもり練習。
  左手に主旋律がいく、すごく綺麗な部分。
  女声と男声の絡み合いを抜き出して、バランスを考えること。
  
その他こまごまと沢山の指導をもらいました。
しばらくお休み中に変な自己流の癖ついちゃったらやだな~。その辺、どうしようかな~。
ときどきは録音練習をして、客観的に聞けるようにしなくちゃダメかしらん。


それにしてもですね。

ロマン派苦手なんですが、ポロネーズは本当に楽しい!

最近、開き直って、ダサい演歌調でも、とんちんかんでも、表現をつけることを恥ずかしいって思わないことにしたら、気持ちいいね~♪



そして、お休み中の次の曲ですが。

ソナタアルバム2より、モー様のソナタ、K280になりました。

古典、久しぶり~。
弾けるのかな~。難しいよね~。

がんばる~。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
【 2012/05/18 】 piano lesson♪(古いもの) | TB(-) | CM(6)

明日はレッスンなのさ。

昨日と今日と、仕事でうまくいかず、人間関係で面白くなく、
弱い私はついついアルコールに逃げてる。

酔っぱらってると練習できない。これ当然。

程よく酔っぱらって、だいたい醒めたところで練習、ってな感じでいますが、
やはり効率は悪い。

自分でも駄目だ、駄目だ、って思うのになぁ。

明日はレッスンだから、夜遅くにサイレントでいいからちゃんと練習しなくちゃ。

はあ、反省。


【 2012/05/17 】 雑記 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

たまこ

Author:たまこ
40を過ぎて、バイエルから習い始めて8年。
現在、ツェルニー40番、平均律などを練習中。
あまりに楽しくてグランドピアノまで買ってしまったお調子者。

どうぞよろしく♪

☆現在練習中の曲☆
ツェルニー40番の28番
バッハ平均律1巻 5番プレリュード&フーガ
ブラームス 間奏曲イ長調 op.118-1

次の譜読み
メンデルスゾーン、ロンドカプリチオーソ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

カウンター